loading
loading
迫る核爆弾。今、破滅へのカウントダウンが始まる―。
バーニング・ダウン爆発都市
本国興行収入230億突破!!香港アクション映画の“限界突破”に挑む超大作!!4/15(金)より、シネマート新宿・心斎橋ほか全国ロードショー
迫る核爆弾。今、破滅へのカウントダウンが始まる―。
バーニング・ダウン爆発都市
本国興行収入230億突破!!香港アクション映画の“限界突破”に挑む超大作!!
香港アクション映画の“限界突破”に挑む超大作!! 香港アクション映画の“限界突破”に挑む超大作!!
出演:アンディ・ラウ『インファナル・アフェア』、ラウ・チンワン『レクイエム 最後の銃弾』、ニー・ニー『悟空伝』 監督・脚本:ハーマン・ヤウ『イップ・マン 最終章』/アクション監督:ニッキー・リー『新ポリス・ストーリー』2020年/香港・中国映画/中国語(広東語)/121分/シネスコ/5.1ch/字幕:伊藤あゆみ/映倫G 原題:拆彈專家2/英題:SHOCK WAVE 2/提供:ニューセレクト/配給:アルバトロス・フィルム.
4/15(金)より、シネマート新宿・心斎橋ほか全国ロードショー
Filmarks
劇場情報
BG BG

Trailer

BG BG
Introduction Introduction
総製作費44億円!!香港映画界の鬼才と豪華キャストが放つアクション超大作!!
総製作費44億円!!香港映画界の鬼才と豪華キャストが放つアクション超大作!!

主演は香港随一のスター俳優アンディ・ラウ。断片的に蘇る記憶に葛藤しながら、自らの信念を貫く元爆弾処理班の男を演じる。監督は、『八仙飯店之人肉饅頭』から『イップ・マン 最終章』まで、多岐に渡るジャンルで話題作を生み出してきた鬼才ハーマン・ヤウ。アクション監督はジャッキー・チェン主演『新ポリス・ストーリー』等を手掛けたニッキー・リー。本作は、同監督・主演の『SHOCK WAVE ショック ウェイブ 爆弾処理班』の設定、ストーリーをリセット。さらに莫大にアップした製作費を投じ、香港アクション映画の“限界突破”に挑んだ本作は、本国で興行収入230億円を突破。まさに現時点での香港アクション映画最高峰ともいえるエンターテインメント作品が誕生した。

STORY STORY

爆破テロの現場で発見された記憶喪失の男フォン。爆発で左足を失った元爆弾処理班のエース。テロ組織「復生会」のメンバー“ブリザード”。ふたつの顔の欠片がフォンの中に存在している。そして、記憶を呼び覚ましながら新たなる事件を追う―。 爆破テロの現場で発見された記憶喪失の男フォン。爆発で左足を失った元爆弾処理班のエース。テロ組織「復生会」のメンバー“ブリザード”。ふたつの顔の欠片がフォンの中に存在している。そして、記憶を呼び覚ましながら新たなる事件を追う―。
俺は警官なのか。それとも、テロリストなのか―。記憶を失った男が、香港全土を揺るがす核爆弾テロに挑む!! 俺は警官なのか。それとも、テロリストなのか―。記憶を失った男が、香港全土を揺るがす核爆弾テロに挑む!!
爆弾処理班に所属するフォンは、数々の事件を解決してきたエースだったが、爆発に巻き込まれ左足を失ってしまう。恋人や同僚の助けもあり、義足とは思えないほど身体機能が回復するが、上層部はフォンの現場復帰を認めなかった。仕事一筋で生きて来たフォンは自暴自棄になり、警察を辞めて姿をくらませる。そのフォンが、テロ組織「復生会」によるホテル爆破事件の現場で、重体の状態で発見される。容疑者として病院に収容されたフォンは尋問を受けるが、爆発の影響で過去の記憶を失っていた。そこに、フォンを救い出すべく復生会が乗り込んでくる。「なぜテロ組織が俺を助けるのか―?」フォンは病院から抜け出しひとりで逃亡するが―。

キャスト

アンディ・ラウ 劉徳華 アンディ・ラウ 劉徳華
アンディ・ラウ 劉徳華 アンディ・ラウ 劉徳華
30年以上エンターテインメントに携わり、160本以上の映画に出演。数々の賞を受賞し、高い評価を得ている俳優であり、歌手でもある。2006年、釜山国際映画祭でフィルムメーカー・オブ・ザ・イヤーを受賞。映画界への貢献と、新しい映画人の育成に力を注いできたことが評価された。香港電影金像奨最優秀作品賞を受賞したアンドリュー・ラウ監督作品『インファナル・アフェア』(2002)では、トニー・レオンと共演し海外からも高い評価を受ける。『暗戦 デッドエンド』(1999)『マッスルモンク』(2004)『桃さんのしあわせ』(2011)にて香港電影金像奨最優秀男優賞を受賞。ハーマン・ヤウ監督とは『ホワイト・ストーム』以来のタッグとなる。
ラウ・チンワン 劉青雲 ラウ・チンワン 劉青雲
ラウ・チンワン 劉青雲 ラウ・チンワン 劉青雲
1986年に映画デビューして以来、デレク・イー、ベニー・チャン、ジョニー・トーら香港の一流監督の作品に出演し、数々の印象的な役柄を演じている。2007年『我要成名』(日本未公開)で香港電影金像奨最優秀男優賞、2012年『奪命金』で金馬奨、2015年『インターセプション 盗聴戦』で再び香港電影金像奨で最優秀主演男優賞を受賞している。
ニー・ニー 倪妮 ニー・ニー 倪妮
ニー・ニー 倪妮 ニー・ニー 倪妮
2011年、チャン・イーモウ監督の『金陵十三釵』(日本未公開)で衝撃的な演技を披露し、一躍世界的に有名になる。その演技は、第6回アジア・フィルム・アワードの新人賞ノミネートを含む数々の賞を獲得することになった。その後、大ヒット作『君といた日々』(2014)、『悟空伝』(2017)、『雪暴 白頭山の死闘』』(2019)等に出演している。

スタッフ

監督:ハーマン・ヤウ 邱禮潯 監督:ハーマン・ヤウ 邱禮潯
監督:ハーマン・ヤウ 邱禮潯 監督:ハーマン・ヤウ 邱禮潯
ホラー、ドラマ、コメディなど様々なジャンルの映画を100本以上製作。『タクシーハンター』(1993)『エボラ・シンドローム ~悪魔の殺人ウィルス~』(1993)等その多くが話題作となり香港電影金像奨の功労賞を連続受賞。2001年、『等候董建華發落』(日本未公開)がベルリン国際映画祭パノラマ部門のオープニング作品として招待される等、世界の映画祭で高い評価を得ている。その他、大ヒットシリーズ『イップ・マン 誕生』(2010)、『イップ・マン 最終章』(2013)、香港電影金像奨で7部門ノミネートされた『SHOCK WAVE ショック・ウェイブ 爆弾処理班』(2017)や、アカデミー賞国際長編映画賞の香港代表作品に選出された『ホワイト・ストーム』(2019)等がある。
アクション監督:ニッキー・リー 李忠志 アクション監督:ニッキー・リー 李忠志
アクション監督:ニッキー・リー 李忠志 アクション監督:ニッキー・リー 李忠志
香港のアクション振付師として知られる。ベニー・チャンやアラン・マックといった有名監督とタッグを組み、多くの傑作アクション映画でユニークさを持つ戦闘シーンを作り上げている。『新ポリス・ストーリー』(2004)、『コネクテッド』(2008)で、金馬奨のベストアクション振付賞をそれぞれ2度受賞。2016年、『ドラゴン×マッハ !』で香港映画賞の最優秀アクション振付賞を受賞。